WordPressテーマ「Simplicity」のメリット紹介

Pocket

最近当サイトのテーマをバズ部のXeoryから寝ログを運営しているわいひらさんの「Simplicity」に変えました。

テーマを変更してから当サイトもやっと少しカスタマイズが出来ました。

今回は「Simplicity」のメリットについてご紹介したいと思います。

Simplicityに変えた理由

今回テーマを変えることになって色んな人気テーマを試してみたりしたのですが、最終的にSTINGERとSimplicityで悩みました。

使わせて頂いている感謝も込めて使用感を書いていきたいと思います。

シンプルで見やすいブログが作れる

初心者の私でも当ブログのようなシンプルで見やすい(と思っている)ブログが簡単に作れます。このブログはテーマといくつかのプラグインを入れただけで、ほとんどカスタマイズしていません

個人的には今のままでいいかなー、と思っているからです。
テーマが優秀なのであまりカスタマイズしなくて済む気がします。

シンプルな理由として見やすいというのがありますが、作者としてはカスタマイズがしやすいようにとの思いもあるようです。

子テーマを取り入れている

Simplicityでは子テーマも一緒にダウンロードできます。子テーマがあるとなにがいいか。

テーマのアップデートがあった際にカスタマイズ部分が消えないことです。
普段からカスタマイズする方はアップデートに度にカスタマイズし直すのはけっこうめんどくさいのではないでしょうか?

カスタマイズ部分が消えないのは便利だと思います。

サイトが重くなる原因のプラグインの削減ができる

SimplicityにはSNS用のボタンや端末によって切り替わる4つのレスポンシブスタイル、パンくずリストなどが導入されています。

SNS用のボタンは今まではプラグインを使って設置していましたがSimplicityを使うとプラグインなしで簡単にSNS用のボタンが配置できました。
インストールや面倒な設定なくSNS用のボタンを設置できるのは初心者には嬉しい機能でした。

またモバイル対応が重要になった今、デフォルトでレスポンシブ対応というのも嬉しい機能です。
こちらも機能が導入されていないとプラグインなどで行う必要がでてきてしまいます。

気付いたら大量のプラグインが入っていて、サイトが重い!っていう状態にはなりたくないのでプラグインが削減できて、自分で設定する必要がないのはとてもありがたいです。

広告の貼り付けが簡単

Simplicityでは広告のウィジェットにアドセンスタグを貼り付けると自動で収益性の高い位置に広告を貼り付けてくれます。
自分の好きな場所に貼り付けることも可能ですが、しばらくはこの機能を使っていこうと思います。

広告のウィジェット部分にアドセンスタグを貼り付けるとPC用だけでなくスマホ用のサイトにも適切な位置に広告が表示されるようになります。

SEO対策が施されている

デフォルト状態でW3CのHTML5バリデーションのエラー0

タイトルや見出しなど適切なHTML構造に

アーカイブ、タグ、検索結果ページなどはNOINDEXに (質の低いページと判断されないように。ただしリンクフォローはする)

リッチスニペットを用いたパンくずリストによりサイト構造を適切に伝える

TIMEタグを用いて記事の更新時間を検索エンジンに正確に伝える

テーマに使っている画像などはできる限り圧縮して転送サイズを減らす

hentryのマークアップに対応

ウェブマスターツールの構造化エラー0

Simplicity公式サイトより引用

この部分は引用とさせて頂きました。SEO対策が施されていて、対策の内容も公式サイトで公開されています。

終わりに

今回はテーマの紹介をさせて頂きました。ほかにもいい部分はいっぱいあると思いますが、すべてはまだ使いこなせていないです。
管理画面からカスタマイズが出来たり、質問用のフォーラムもあるので、それらを見ながら今後もう少し自分好みになるようにカスタマイズをしていきたいと思っています。

公式サイトはこちら→Simplicity

最後まで読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする