WordPressの投稿画面を旧エディターに戻す時にやること【Classic Editor】

Pocket

「WordPressのアップデートをしたら投稿画面(エディター)が変わってしまった!」
「元に戻したい!」

そんな方に向けての記事になります。

WordPressは2018年12月に公開されたバージョン5.0以降からエディターが新しいものになっています。

ですがこのエディター、直感的に使いづらくなったように感じます。
また、使用しているテーマによっては対応が間に合っておらず、レイアウトが大幅に崩れてしまうような事もあるようです。

ですが安心してください

旧エディター「Classic Editor」と新エディター「Gutenberg」はプラグインを使うことで簡単に切り替えることが出来ます

WordPressの投稿画面を旧エディターに戻す時にやること

新エディター「Gutenberg」から旧エディター「Classic Editor」に戻すのはプラグインを1つインストールするだけです。

今回使うプラグインは「Classic Editor

設定画面から新・旧簡単に切り替えが出来るようになります。

1.プラグインのインストール

まずは今回使用するプラグインをインストールします。

プラグインの新規追加を選択します。

WordPressの投稿画面を旧エディターに戻す時にやること

クリックで大きくなります。

プラグインの検索に「Classic Editor」を入力して検索し、
「今すぐインストール」を選択してインストールします。

WordPressの投稿画面を旧エディターに戻す時にやること

クリックで大きくなります。

2.インストールしたプラグインの有効化

続いて「インストール済みプラグイン」の一覧から「Classic Editor」を探して、「有効化」します。

WordPressの投稿画面を旧エディターに戻す時にやること

クリックで大きくなります。

3.設定画面からエディターの切り替え

「設定」の「投稿設定」から
「すべてのユーザーのデフォルトエディター」を「旧エディター」にします。

WordPressの投稿画面を旧エディターに戻す時にやること

クリックで大きくなります。

最後に

今回はWordPressのエディターを新エディターから旧エディターへ戻す方法をご紹介しました。

新エディターはブロックという概念が入り、使いこなせれば便利かもしれませんが、手軽にブログを書きたいときは旧エディターの方が書きやすいと感じます。

簡単に切り替え可能なのでぜひ試してみてください。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする