無料ブログで日本語ドメインを使用する方法を紹介

Pocket

前回は日本語ドメインを取得したという記事を書きました。

ドメイン取得時はWhois情報公開代行を忘れないで!
ドメイン取得時はWhois情報公開代行を忘れないで!
今日は日本語ドメインを新たに取得しました。 ドメインは定期的に半額程度の値段で買う事が出来るので、いくつも取得したい人には狙ってもいいかも...

今回は無料ブログで日本語ドメインによる運営を紹介したいと思います。

無料ブログでたまに日本語ドメインを使ってる方っていませんか?
今回は設定の方法が気になったので調べてみました。

無料ブログで日本語ドメインを設定するやり方

無料ブログで日本語ドメインってどういうこと?っていうと以下の画像の様なURLのサイトです。(今回の記事のためにSeesaaで作りました。)

無料ブログ日本語ドメイン

クリックで大きくなります

URLが独自ドメインではないのに日本語になっています。

これを紹介する前にまずはURLが日本語になる仕組みから解説します。

URLって英語だけじゃないの?どうして日本語使えるの?

もともとドメイン名として使えるものはアルファベット、数字、.(ドット)、-(ハイフン)でした。

現在は日本語以外にもギリシャ文字なども扱えるようになっています。

このように様々な言語をドメイン名に使えるようになった技術を「国際化ドメイン名」と呼びます。
この国際化ドメイン名をアルファベットや数字に変換する技術をPunycode(ピュニコード)と呼びます。

このPunycode変換によって日本語などの文字がドメイン名に使えるようになったのです。

ブラウザ上ではURLが日本語に見えていてもDNSに送信する際は従来のようなアルファベット+数字に変換されて送信されています。

アルファベットを日本語に簡単に変換できるの?

アルファベットを日本語に変換するのも、その逆も無料で簡単に出来ます。

   ↓

日本語URL変換ツール

無料ブログ日本語ドメイン

クリックで大きくなります

文字数とかも出てくるのでここを使っています。文字数は無料ブログを作成する際に重要になってきます。

例えば今回、例で作ったSeesaaのブログの日本語ドメインは「日本語だぜ」の5文字ですが、これを変換すると

「xn--c9jh6122bncbk91h」の20文字になります。

Seesaaなど無料ブログの多くは文字数に制限があるので、あまり長い日本語になってしまうと変換した際に文字数オーバーになります。(Seesaaだと20文字制限)
短めの日本語でドメインを取得したい場合に有効な手段になります。

最後に

今回は無料ブログでの日本語ドメイン運営を紹介しました。

日本語ドメインの効果があるのか、ないのかはハッキリしませんが有効かもしれないものは、やってみる価値があると思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする