外でブログ書くなら「Chromebook」がオススメな理由

Pocket

Chromebookご存じでしょうか。

普段のパソコン作業のほとんどをWebアプリ上で行える方なら非常にオススメな物になります。

今日はそんなChromebookの魅力に迫っていこうと思います。

Chromebookってなに?そんなにいいの?

ChromebookにはGoogle Chrome OSという専用のOSが入っています。

データはクラウドに保存して、アプリケーションはWebアプリケーションが前提となっています。

それだと何がいいのか・・・。

  • クラウド保存が前提なのでストレージ容量が少なくて済む
    →低容量のぶん価格が下がる
  • Webアプリケーション前提なのでOffice製品とかを買わなくて済む
    →余計なコストがかからない
  • Webアプリケーションを動かすだけなのでメモリが少なくて済む
    →高性能メモリでなく安いメモリで十分に快適
  • ウイルス対策ソフトが必要ない
    →Chromebookはサンドボックスなどの機能もあり、ウイルス対策ソフトを必要としません
  • Web上で動くから常に最新の状態で使える
    →セキュリティ関連で非常に重要です
  • 電源オフから使える状態までおよそ10秒ほど
    立ち上がりまでではなく、使える状態までです

Chromebookは快適性・安定性・低価格が揃っています。

値段は楽天で探すと3万円台~あります。

送料430円から■ 新品 ASUS C300MA-BLACK Chromebook C300MA ★13.3型/Cel-2.16G/4GB/eMMC-16GB/802.11ac/HDMI/USB3.0/Bluetooth/Webカメラ ■@あす楽対象 激安 セール価格■ 即納 ■■

価格:31,900円
(2015/5/30 23:18時点)
感想(0件)

楽天のポイントを考慮すると3万円を切りますね

Chromebookではブラウジングはもちろんその他のことも出来ます。

  • メール→Gmail
  • 予定の管理→Googleカレンダー
  • データの保存→Googleドライブ
  • メモやリストの作成→Googleリスト
  • 文章作成→Google文章
  • Word文章の作成・編集→ドキュメント
  • Excelファイルの作成・編集→スプレッドシート
  • PowerPoint作成・編集→スライド
  • ほかにも図形作成や計算などなど

上のリストを見るとほとんどの事が出来てしまう感じがしませんか?

出来ないことはWindowsアプリを使うことです。

あとは画像編集など多少重い処理が苦手分野となります。

出来ないことを出来るように!リモートデスクトップ

Windowsアプリは基本的には使えませんが、リモートデスクトップというやり方があります。

外出先からインターネットを通じて家のパソコンに接続する方法です。

やり方も簡単でChrome リモートデスクトップというアプリをChromebookと家のパソコンにインストールして、受け入れ態勢を整えておくだけです。

これで外出先で使いたくなったらMacでもWindowsでも使えます。

私自身Chromebookを1ヶ月ほど使っていますが、非常に快適に使えています。

パソコンを持ち歩くことが多い方は高額なウルトラブックなどよりChromebookを検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする